THE GREEN PATH〜環境への取り組み〜  
About Vintageはカーボンニュートラルを実現しています。

  • 国連認証の環境プロジェクトへの資金提供
  • 海に廃棄されたプラスチックごみの削減に取り組む自然保護団体 "The Ocean Cleanup" との提携
  •  2050年までにCO2排出ゼロを目指す国際配送会社DHLへの寄付・協力
  • グリーンテク企業CHOOOSEとの提携によりAbout Vintage社員のカーボンニュートラル達成
  • カーボン・オフセットによりCO2排出量125kg削減を達成し、全商品の生産と配送双方においてカーボンニュートラル達成
  • 二酸化炭素排出量をさらに削減する商品と生産メソッド開発へのたゆまぬ努力

私たちは二酸化炭素排出量ゼロブランドになることを目指しています。
この長期のコミットメントを要する目標達成のため、私たちAbout Vintageは様々な気候問題への取り組みに日々励んでいます。

その取り組みの1つがノルウェー発のグリーンテク企業CHOOOSEとの提携。同社のカーボン・オフセットプログラムへの参加により、About Vintageはカーボン・ニュートラル企業へと変革を遂げました。About Vintageの運営及び腕時計の生産・配送で排出した分のCO2を、国連認証の環境保護団体への資金提供によりオフセットを実現しています。

実際にどのような仕組みでカーボンニュートラルを実現しているのか?

About Vintageは、社員、製造、配送そして実店舗が排出した二酸化炭素量を測定しています。(端数は切り上げしています。)
そして、お客様が私たちの腕時計を1本購入される度に二酸化炭素排出量125kgを、CHOOOSEが慎重に選定し、気候変動解決に向けた最も効率的な取り組みを実現していると認めた環境保護団体への資金提供によりオフセットしています。私たちがサポートする団体には、コスタリカにおける風力発電事業やラオスにおける水力発電事業が挙げられます。

実は、二酸化炭素排出量125kgは私たちがオフセットすべき量を上回っています。それでも、私たちは気にしていません。何より重要なのは、About Vintageの腕時計を着用いただくお客様にとって、地球にとって常に忠実でいること。そして誠心誠意より良いブランドを目指すことです。商品の生産・配送から社員や実店舗が排出した二酸化炭素排出量をオフセットすることで私たちは環境への取り組みを最大化しています。

さらに、臨海都市コペンハーゲンで暮らす私たちは海洋環境の保護の大切さを痛感しています。
そこで、1926 AT’SEA Automaticの発売に伴い、海に廃棄されたプラスチックごみ90%削減に向けて取り組む自然保護団体 "The Ocean Cleanup" へのサポートを開始しました。
このプロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。 

さらに、国際運送会社DHLによりすべての商品をお客様に配送することで, DHLの2050年までにCO2排出量ゼロを目指すGoGreenプロジェクトをサポートしています。 

これらの取り組みを通して、私たちはCO2を排出するブランドから真に環境に良いブランドに変身を遂げました。

CHOOOSE
CHOOOSEは国連が認証した環境保護プロジェクトをサポートしています。すべてのプロジェクトはGold Standardと呼ばれるもっとも厳格かつ最高レベルの気候変動のカーボンクレジット認証規格を保持しています。さらに、CHOOOSEは大気中のCO2排出除去システムを開発した世界初の企業でもあります。同社は北欧の航空会社Norwegian Air Shuttle、ロンドンのHeathrow Airportそしてスペインの銀行Santander Bankをはじめとする先進企業に向けてカーボン・オフセットプログラムを提供しています。

CHOOOSEに関する詳細はこちらをご覧ください。